どうして住宅ローンが通らないのか?

どうして住宅ローンが通らないのか?

住宅ローン通らない原因について

住宅ローンが通らない原因は何通りか挙げられ、これらを押さえておくことが高確率で審査を通るコツです。

 

住宅ローンを受けたいが通らない、つまり審査に否認される理由は主に4つのことが言えます。

 

年齢や健康状態、それから債務状況や返済額の割合を挙げることができます。

 

年齢とは、住宅ローンの申し込んだ現在の年齢ではなく、完済時の年齢のことで、一般的には70歳から80歳となっています。

 

住宅ローンの借り入れ年数だけでなく現在の年齢を考えて、審査に通るか通らないかを予想できます。

 

債務状況とは、住宅ローン以外のローンはどれほどあるかが審査されます。

 

他にも、キャッシングやカードローンなどの使用で返済の遅延などのトラブルを発生させていると、審査が通らない恐れもあります。

 

借り入れの種類はどうあれ、返済は毎月しっかりと済ませておくことが必要です。

 

健康状態とは、長期間返済が必要な住宅ローンをしっかりと返済可能な身体であるか否かがポイントになります。

 

住宅ローンの借り入れと一緒に契約する団体信用生命保険の契約を交わすことが果たされないと、審査に不利に働き通らない確率が高まります。

 

住宅ローンの審査で一番考慮するべきなのは、返済額の割合を高くしすぎないことです。

 

自己資金が小額だと審査が通らない場合が多いという理由は、過度に返済負担率が高まってしまうからです。

 

返済負担率についてですが、住宅ローンの年間返済額を年収で割ってから、それに100を掛けると出すことができます。

 

住宅ローン審査が通らないおそれがあるのは、返済負担率が3割以上となってしまった場合です。

 

ちなみに、住宅ローンの他の借り入れ金額に関しても合わせて考慮されますので、基準としては厳しいでしょう。

 

住宅ローンの契約がかかる審査基準は、それぞれの金融機関で別々になっていますので、申し込む前にあらかじめチェックしましょう。

 

 


年齢が原因ということもあります

住宅ローンの申し込み条件の中では、年齢がとても重要になります。

 

年齢についてですが、申し込みをする段階での本人の年齢と完全にローンの支払いが済む段階での年齢が審査されます。

 

残念ながら住宅ローンの審査が通らないのは、申し込みの段階で20歳に満たなかったり、支払いを全て済ませた際の年齢が80歳を上回るときです。

 

未成年の場合は、社会的な信頼が乏しいと見られて審査に通らないことになります。

 

そして、全ての支払いを終えたタイミングで年齢が高いと、返済能力が乏しいと評価されることになります。

 

完済時の年齢が高い場合には、金額を考え直したり融資期間を考え直すことにより展開が変わる場合もあります。

 

年齢制限というのは、金融機関によって基準に幅があります。

 

多くの場合、完済時が70歳から80歳までのあいだで基準を設けていると言われていますが、75歳以上になると通らないケースが増えるようです。

 

住宅ローンの完済時年齢が80歳まで大丈夫であっても、本来は定年退職の年齢で完済できると良いでしょう。

 

なお、住宅ローンの借り入れについては未成年ではなく70歳ほどまでできることになっています。

 

けれど、借り入れ年齢が高いほど完全に返済が終了するまでの期間が長くないため、そう簡単に返済することが叶わなくなります。

 

完済予定時の年齢のために住宅ローン審査が通らないとしても、別の方法があります。

 

これは、親子リレーという借り入れのしかたで、支払いの引継ぎが親子間でできるという方法です。

 

このローンなら、年齢条件で審査が通らない人でも住宅ローンが可能になることがあります。

 

申込者の子どもや親族に条件を満たせる人がいるとすれば、本人の年齢が高くても大丈夫というわけです。

 

特定の条件を満たすことができない場合でも、対策を練ることでクリアできることもありますので、妥協せず探してみましょう。

 

 


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ