どうして住宅ローンが通らないのか?

債務条件が原因の場合

債務条件が原因の場合

用意されている条件に沿うことができなければ、住宅ローン審査は通らないでしょう。

 

用意された条件の中で、債務条件については、すぐに対応できない厄介な条件です。

 

幾つものローンを支払っているのでしたら、住宅ローンの返済金額と今の段階で契約しているローンとをトータルで検討します。

 

他のローンが多くあると審査に通らないことがあるのは、返済金額が高くなって債務条件が不利になるからです。

 

でも、債務条件で最も問題とされるのは消費者金融にお金を借りていないかどうかということです。

 

キャッシングといった消費者金融のサービスを使っているだけでも住宅ローンの審査の際には悪い印象を与えてしまいます。

 

幾つかのキャッシング枠を所有しているのも、ローンと受け取られるため厳選したカードのみに絞り込むのが賢明でしょう。

 

このとき、大きな問題はローンの返済状況が良いものかという点です。

 

いかなるローンであっても、個人信用情報機関にその内容が残されます。

 

個人信用情報機関に聞くと、延滞や踏み倒しをしたことがあるかなどローンの返済状況について知ることが可能です。

 

クレジットカードによる延滞やカード事故の履歴があれば、審査に通らない確率が高いでしょう。

 

仮に個人信用情報機関への登録を招くと、5年間記録が残ります。

 

債務条件をクリアするのが厳しいのはこのような背景があるからです。

 

住宅ローンを申し込む予定がある人は、普段の返済状況も健全でなければならないのです。

 

遅延しても大目に見てもらえると考えず、自覚を持って返済を行いましょう。

 

住宅ローンを視野に入れていてクレジットカードの利用状況に関して安心できない部分があるなら、個人信用情報機関に連絡をしてみましょう。

 

おすすめ住宅ローンサイト

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】
ソニー銀行住宅ローンは人気の秘密は金利が低く、諸費用が安い上に、金利タイプの変更が簡単だというところです。
ソニー銀行の住宅ローンに付いて詳しく解説していますので興味のある方は審査を受けてみてはいかがでしょうか?
www.mtgasia.info/


債務条件が原因の場合関連ページ

頭金が少ないことが原因の場合
担保物件が原因の場合

ホーム RSS購読 サイトマップ